post

ゴールデンウィークについて

ゴールデンウィークですね。ゴールデンウィークにお出掛けできないなんて・・・今は仕方がないですね。コロナウィルスが収束する為にも外出は自粛しましょう。

「ゴールデン」な「ウィーク」。「黄金」の「週」。聞くだけでワクワクさせられるネーミングですね。誰が考えたのか?どこから生まれたのか?ゴールデンウィークの歴史や成り立ちについて書いていこうと思います。

ゴールデンウィークとは?

ゴールデンウィークとは、4月下旬~5月下旬に祝日が集中している大型連休の事を指します。「黄金週間」と言われることもあるとか。

本来は5月3日~5月5日の3日間でしたが、今では4月29日の昭和の日から5月5日までの7日間を指すことが一般的になっています。

また、ゴールデンウィークの前後に土日や振替休日が重なる場合は、10日程度の大型連休になる年もありますね。この時期に、普段行けない海外や遠出をする人も多いのではないでしょうか。

名古屋オーシャン野球教室の生徒達も、ゴールデンウィークに旅行に出掛けて、コーチ達にお土産をたくさん買ってきてくれます。ありがたや~

今年は遠出ができそうになく、残念ですね。コロナのばかやろー!!!

ゴールデンウィークはいつから始まった?

色々と調べてみると、砂金がロッキー山脈で4月末から5月初めの雪解け水によって多くとれたことから。だとか、マルコポーロが日本に来たのが5月初めだったという説があるみたいです。

※日本はその時代、「黄金の国ジパング」と呼ばれていた。

そして、一番有力なゴールデンウィークの由来は、日本映画界の造語だと言われています。

1951年に「自由学校」という映画が上映され、その上映された期間が今のゴールデンウィークにあたる日だったのです。興行成績がお正月やお盆の期間よりも良かったことから、この期間をラジオの「ゴールデンタイム」に掛けて「ゴールデンウィーク」と名付け宣伝したのが始まり。翌年の1952年に日本中に広まり、現在に至る。

※「ゴールデンタイム」とは、ラジオの聴取率が高い時間帯のことを言う。

ちなみに、NHKでは業界の宣伝になるようなことは禁止いる。なので、映画の業界用語である「ゴールデンウィーク」ではなく「大型連休」で統一している。

また、「1週間よりも長くなることがあるのにウィークはおかしい」だったり、休暇が取れない人から「休暇も取れないのに何がゴールデンで」などの抗議があったこと。カタカナや外来語を避けたいという理由からも「ゴールデンウィーク」の使用を避けているそうです。

いつからゴールデンウィークと呼ばれるようになった?

元々ゴールデンウィークは「飛び石連休」と呼ばれていました。

5月4日は祝日ではなかったですし、今では当たり前の週休2日制も一般的ではなく、土曜日が休日ではなかったためです。

それが、1985年に祝日法が改正され「祝日と祝日の間の一日が平日の場合は、その日を国民の休日とする」と決定し、5月4日が休日となった。

5月4日が「国民の休日」となり、少なくとも3連休ができたことから、「飛び石連休」という言葉は使われなくなり、「ゴールデンウィーク」と呼ばれるようになった。

そして、5月4日「国民の休日」は2007年に「みどりの日」という祝日となりました。

ちなみに近年では、「ゴールデンウィーク」にちなんで、秋の大型連休を「シルバーウィーク」と呼んでいますね。

「シルバーウィーク」は、最大で5連休。ですが、毎年必ずあるゴールデンウィークと違って、シルバーウィークは毎年あるとは限らないのです。

2020年は最大で4連休なので「シルバーウィーク」とは呼ばず、次回の「シルバーウィーク」は2026年の予定になっているそうです。

最後に

ゴールデンウィークって昔は「飛び石連休」と呼ばれていて、連休ではなかったのですね!!

名古屋オーシャン野球教室の生徒達にも教えてあげようかな?どんな反応をするのか楽しみです。平成生まれの人がそれを聞いてもどんな反応になるのか・・・きっと「最悪だ」と口を揃えて言うでしょう。

でも当時は、土曜日が休日ではなく日曜日しか休みのない日本人にとっては、たとえ飛び石連休だったとしても祝日が固まってあるのが嬉しくてたまらなかったでしょうね。

ゴールデンウィークが終わってしまうと、次の祝日がなんと約2か月後の「海の日」です。

7月の第三月曜日の海の日まで祝日がないと考えるとものすごく長く感じますね。

ですが、昔は日曜日しか休みがなかったのです!それを思うと「頑張れる!」そう思えますよね?

今年は新型コロナウィルスの影響で、4月5月と在宅勤務や学校休校などで外出自粛を余儀なくされていることと思います。慣れない日々をお過ごしかと思いますが「来年のゴールデンウィークを思いっきり楽しむ!」を目標に耐えましょう。

「ステイホーム」ではなく「エンジョイホーム」。考え方1つでこの過ごしにくい日々も楽しくなるのではないのでしょうか?頑張りましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

12 − one =